忍者ブログ
Admin*Write*Comment
どこでもビーアイ・だれでもビーアイ
[304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299



ビーアイ大人講座の【料理のいろは】

5月スタートで、毎月第3水曜日の10:00~
料理旅館三浦屋の親方を講師に迎え、
みんなで作って食べるまで・・を学んでいます。

今年度第1回の昨日は、
『だしの基本を知り、そのだしで味わうアレコレ』ということで

・鶏とたけのこの炊き込みご飯
・白身魚と若竹のお吸い物(魚は鯛でした!)
・ホウボウの南蛮漬け
・大根と豚肉のさっと煮
・割り醤油のおひたし

というメニュー。

まずは、鰹節や昆布の違いから。
削り節は上から中厚、真ん中が血合いを除いてひいたもの、
下は血合いも含めてひいたもの。

中厚のはそばつゆなど長く煮だしてだしをとるものに。
真ん中のはあっさり上品な味と香りで、お吸い物用に。
下のは味が濃く、みそ汁や煮物などに。

昆布も超高級な利尻昆布から羅臼昆布・日高昆布と
味や香りを比べっこして、みんな「へ~え」「ふ~ん」と。
 

あまり馴染みがなかった魚「ホウボウ」にも興味しんしん。
ピンク色がキレイで、上新粉をつけてフライにしたら、
南蛮酢に漬けず、そのまま食べても美味!


でも、玉ねぎと漬けてこのとおり美しく。

だしが効いているので、甘すぎず、しょっぱすぎず、
素材の味が生きてます。


鶏とたけのこの炊き込みご飯は、
筍だけを出汁で炊いて、鶏肉は湯引きしただけで炊き込み、
最後に木の芽(山椒)を散らして。

油揚げなどと濃い味に炊いてしまうと、
調味料の味は筍に浸みますが、
筍本来の香りや食感が半減してしまうものですが、
大きめにコロコロ切った筍は、
香りよく、存在感バツグン。
お代わりして食べる人、続出!のウマさでした。

ピーラーで薄~く切った大根と、
しゃぶしゃぶ用の豚肉を炊いた「さっと煮」も
うまうまで、つゆまでみんな飲み干して。

なかなかレシピや写真だけではわからない
「ひと手間のコツ」を伝授してくださるのが
親方の優しいところ。

「え~っ!知りたい&たべたーい」の方は
ぜひ、来月から第3水曜日の【料理のいろは】に
いらしてね♡


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
仙台市青葉区立町でワークショップを行っている、『ハート&アート空間”ビーアイ”』の 活動をご紹介していくブログです。
  • カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • プロフィール
HN:
ハート&アート空間“ビーアイ ”
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • アクセス解析
Copyright © どこでもビーアイ・だれでもビーアイ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]