忍者ブログ
Admin*Write*Comment
どこでもビーアイ・だれでもビーアイ
[254]  [252]  [253]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
”小さな恋人” ”赤い宝石”と称されるさくらんぼ。

鈴なりの果実はピカピカでツヤツヤで、ほんとに美しい!!

 
  
そんなさくらんぼをお腹いっぱい食べ放題のぜいたく企画

「さくらんぼ狩りin村山さんち」6/28(日)

まずは博士から、どんなふうに大切に育てているか?
いわゆる観光農園のさくらんぼと何が違うのか?お話してもらいます。

今年は春先にヒョウが降ったりして、さくらんぼの花が全滅!?
という危機を乗り越えて迎えた収穫なのだそう。

ミツバチさんの力を借りて受粉すること、
花を摘んで数を減らし、
ひとつひとつの実を大きく美味しくなるよう育てていること、
いろんな種類があること・・・

そして摘み取り方を教えてもらうだんになると 
みんなの目は真剣そのもの。
   

「あまーい」「おいしーい」「こっちの木がもっと甘いよー」
 
 
     

比べっこしながらあっちの枝、こっちの枝、
あっちの木、こっちの木・・と食べ歩き。

    
村山さんが摘んでくれたのは、コンテナいっぱいの大粒な「山形美人」。

 あっという間にコップの中は種がいっぱい!
     

 「今年は何個食べたかなあ~?」
一生懸命、種を数えます。・・なんと153個だって! 
「種飛ばし」は大人の部616cm、子どもの部213cmが最高でした。 
 
  
 博士は「お風呂上がり用」とお土産もたくさん下さって
帰りのバスでまたパクパク。

いちばん小さいTくんも、トータル70個は食べたね!?


時間があいたり、木から木へ・・と摘みながら食べるから
いくらでも入っちゃうさくらんぼ。
自分で摘んですぐ食べるのが、やっぱり最高!!

来年はあなたもぜひ!
例年6月3週目か4週目の日曜です。予定していてくださいね!

さくらんぼ博士・村山さんの愛情がいっぱいつまったさくらんぼ。
でもね、他にもいろんな果物を作っていらっしゃる村山さん、
本当は「もも博士」って呼ばれたいらしい。

自慢の桃はもちろん、絶品の美味しさなのです。
夏になったら注文しましょうね~。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
仙台市青葉区立町でワークショップを行っている、『ハート&アート空間”ビーアイ”』の 活動をご紹介していくブログです。
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • プロフィール
HN:
ハート&アート空間“ビーアイ ”
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • アクセス解析
Copyright © どこでもビーアイ・だれでもビーアイ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]