忍者ブログ
Admin*Write*Comment
どこでもビーアイ・だれでもビーアイ
[164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154


第3回目となる今回のテーマは
~仙台で伝えるコト~

宮城県美術館 教育普及部
学芸員 松崎なつひさん は、

「美術館というと展示を観に行くイメージですが、
 宮城県美術館には「創作室」という
 お部屋があることを知っていますか?」


と、今やっている美術館での仕事について、
そして担当する創作室についてのおはなしから始まりました。

 おはなしの中で、
来館者との関わり方について

「広げられないコミュニケーションは
 意味がないと思う。」


という言葉が印象的でした。

いつもそんだけ こられたお客さんに合わせて、
おはなしをされているのだろうなあ、と深く・・・。

そんな心持ちで接してくれるって嬉しいですよね。

そして、美術館、創作室ががもっと開かれた場所になり、
たくさんの人が行きたい、と思える空間にするには
どうすればよいのか・・・という話題に。

「大人が行って面白いと思えば、子どもも連れてくる。」
「アートと人との出会いの場に・・・今流行の婚活にピッタリ!」
1日体験プログラムだと嬉しい。」
「そして企画していくには、発信力が必要」

など、いろんなアイディアが膨らんで、
描いたり、作ったりするだけでなく、
身体を動かすワークショップも入れたらおもしろそう!
そして古賀さんに取材をしてもらって

と、色々コラボができそうな予感・・・♪


バトンタッチをして

河北新報社 記者 古賀佑美さん。

を伝えるコトを仕事とする記者として
 
「お茶の間で話題になるような記事を書く。」


そのために普段からアンテナを張り、たくさんの人と出会うこと、
読者が何を読みたいか、いつも考えていると古賀さん。

そして話は、ご自身が記事を書く上でのジレンマについて。

「伝えたいことが 伝えたいように 伝わっているか。」
「果たしてこのネタはおもしろいのか、読者は求めているだろうか。」
  
先ほどに引き続きここでも
アドバイス・意見・リクエストが次々と。

「新聞をぱっと開いて目を引くはずの写真が
 おもしろくなくなった。」

「ひとつの素材をどのように料理するか。
 そのことをどれだけ掘り下げて、
 パッケージできるかは全て自分の腕にかかっている。」 


と、率直な意見やアドバイスに

「なるほど~・・・そうですよね。」

と、深く頷き、しっかり受け止めていた古賀さん。

意見を交わすのはmailtwitterではなく、
やっぱりFace to Face が一番。

アイディアや意見が出て、
そのことについて話し合い、
更に深めあうことができるのが 
いっちゃね女子会!

 

話す立場になってあらためて、
伝えるということについて考える
良い機会だったとお二人。


そして次回は話し手の2人の話を聞いて、
そこからみんなで話し合う
いつものスタイルとは少し変わって、

1時間半からだをほぐす時間に・・・

 

即興舞踊家、里見先生(宮城教育大教授)と一緒に
ゆったり 自分の身体と向き合ってみませんか?

 

2013年10月25日(金)
19002100 ビーアイにて!

(今回は定例の第4曜日ではなく、
 
第4曜日の開催です!)

参加費:1000
定 員:20

動きやすい服装でご参加ください。
(ご持参いただいても結構です)

参加申し込みは022-262-2969
zoukabako@gold.ocn.ne.jp
槙島(ぽんず)までご連絡ください。

みなさまのご参加を
楽しみにお待ちしております!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
仙台市青葉区立町でワークショップを行っている、『ハート&アート空間”ビーアイ”』の 活動をご紹介していくブログです。
  • カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • プロフィール
HN:
ハート&アート空間“ビーアイ ”
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • アクセス解析
Copyright © どこでもビーアイ・だれでもビーアイ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]