忍者ブログ
Admin*Write*Comment
どこでもビーアイ・だれでもビーアイ
[265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255
秋の味覚の代表といえば・・・やっぱりコレでしょう!

三浦屋の親方に手ほどきを受けながらの「料理のいろは」。
まずは、さんまの尻尾から10cm位のところに切り目を入れ、
背側にしっかり、腹側は皮だけ包丁を入れます。

背骨をしっかり切ったら頭を抑えて、銅をスーっと引くと、
あ~ら不思議!!
面白いようにワタが出てきます。

一人2本も3本も練習させてもらい、
参加者一同「へ~え」「案外かんたん」
「今日はこれ覚えただけでもいいわ!」等々ちょっと自信をつけて。
 

お次は三枚おろしです。見てると簡単で美しいけれど・・・



やってみると、あまり簡単じゃなかったり・・。
 
 
でも皆さんなかなかお上手でした!
美しめのところをお刺身用に、そうでないところはつみれ汁用に。


うすーく身のついた中骨は、こんがり焼いてダシ取り用に。
 

お刺身用は慎重に慎重に・・・。


こちらはつみれ汁用。
ねぎ・生姜・みそ・卵・片栗粉も混ぜて叩きます。
 
 
 そして、あっという間にさんまづくしのお昼ご飯が完成!
つみれ汁には舞茸と白髪ネギを添えて。



かぼす・しぞ・わさびを添えて、こんもり盛り付けたお刺身。
 

こちらは天ぷらの甘酢漬け。


フライパンで出来る煮付けは、山椒の風味も加わって美味しさ一際
ごぼうと高野豆腐にもしっかり秋刀魚の煮汁が染み込んでます。
 

食べてみたーい!&やってみたーい!と思ったアナタは、
ぜひ毎月第3水曜日10:00からの「料理のいろは」へ!

和食の極意のあれこれを、プロからこんなに丁寧に
直接教われる講座はそうありません。

お問い合わせは
ビーアイ TEL022-262-2969
     メール zoukabako@gold.ocn.ne.jp まで。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
仙台市青葉区立町でワークショップを行っている、『ハート&アート空間”ビーアイ”』の 活動をご紹介していくブログです。
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • プロフィール
HN:
ハート&アート空間“ビーアイ ”
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • アクセス解析
Copyright © どこでもビーアイ・だれでもビーアイ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]