忍者ブログ
Admin*Write*Comment
どこでもビーアイ・だれでもビーアイ
[222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [212]  [211
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先月22日にビーアイで子ども達と
ヴァイオリンを使ったワークをしてくださった
仙台フィル・コンサートマスター西本幸弘さんのリサイタルが
宮城野区文化センターのパトナホールで開かれました。

タイトルは
「VIOLINable  ディスカバリー vol.1」

ヴァイオリンに出来ること、ヴァイオリンの可能性・適合性を
追求して音楽活動をしている毎日には、
[discovery-発見]が必ずあるそうです。

実は誰の毎日にも発見はいっぱい。
ビーアイで日々子ども達と過ごす時間も発見の連続!!

その[発見]の喜びを、未来を一緒に創っていく子ども達に伝えたいと、
リサイタルにご招待いただきました。

    

ホール入口に、先月
ビーアイのみんなが描いた絵を展示。
コンサートホールが美術館になったみたい!?
 
     

「絵を描く子ども達を見ているうちに、
ヴァイオリンの音が、どんどん変わっていったんです
僕のほうがいろんなものをプレゼントしてもらった気分」と、西本さん。

  
 
絵をご覧頂いたお客様からは

「感動しました。この絵は、今度いつどこで展示するの?」 

「絵って白い紙に描くものだと思ってました」

「同じ音楽なのに、動きのある線の子もいれば、

にじませて描いたり、いろいろなんですね」

などの感想が。
  
       
                安川ちあきちゃん
       
          
                   早坂桜ちゃん
       
               戸野塚 詞保子ちゃん

演奏は、ベートーヴェンのソナタに始まり、
ビーアイでも演奏して下さったクライスラーの「愛の喜びなど
どの曲も一つ一つが、映画やドラマを見ているよう。

小さい子達も、眠い目をこすりこすり、でも真剣に聴いていました。
(中には休憩時に宿題をしていた子も!)

   

西本さん、HAL PLANNNINNGの庄司さん、
そして今回の機会を作ってくださった千田さん・・・・・
たくさんの出会いと発見に感謝。

ヴァイオリニストの枠にとらわれず&とどまらず、
長いスパンで被災地支援や演奏活動
展開していこうとされている西本さんに、
今後も敬意とエールを送り続けたいと思います。


 
みなさん、[ディスカバリー]あふれる西本さんの
演奏会にぜひ足を運んでみてくださいね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
仙台市青葉区立町でワークショップを行っている、『ハート&アート空間”ビーアイ”』の 活動をご紹介していくブログです。
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • プロフィール
HN:
ハート&アート空間“ビーアイ ”
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • アクセス解析
Copyright © どこでもビーアイ・だれでもビーアイ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]