忍者ブログ
Admin*Write*Comment
どこでもビーアイ・だれでもビーアイ
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
昨日は1ヶ月遅れの開催となったギャラリートーク
「ゾウさんとサイさんと中山のおっちゃんの
アートとまちをめぐるお話」
でした。

地震から1ヶ月たったとはいえ、
こんな状況の中来てくださる方があるのかしらん?と
ちょっと不安に思っていましたが、
(齋さんなんか「ホントにやるの?」と前日確認の電話があった程)
多くの方が足を運んでくださいました。



3人のトークは
「子ども達が喜ぶことしなきゃね」
「でもダメなものはダメとしっかり怒ることも大切(そんな大人が
町に増えないと・・・)」
「やはり人と人との顔の見えるつながりが、大事だよね。
そのいくつものつながりがまちをつくっていくんだよね」
など等 とりとめもなく広がっていって。

その中で中山さんが地震後の支援について

「オレは刃物屋だからさあー、刃物屋として何が出来るか考えたわけよ。
ナイフを避難所に届けようかなあとも思ったんだけど、今どきだからねえ。
それに行って見たら食料はもう山のように積んであるから
食料を持っていく段階でもないんだよね。
自分は何ができるかな?って考えてたんだけど、
テレビ見てたらみんな爪が伸びてきてるじゃない。
そうだ、爪切り必要だな~、よし、爪切りにしよう!と思って、
普段からつきあいのあるメーカーさんに電話をかけたわけ。
後は早かったよ~。
3日ぐらいで<応援してます>ってメッセージ入りの爪切り
1350個用意できて、
消防学校を通じて届ける事が出来たんだよ・・・」


と話してくださったのが印象的でした。


最後に斎さんが
「このまま続けていくこと、to be continueでしょ」
と言って、ギャラリートークはおひらきになったのだけど
自分はソレについてどう考えるのか?
自分は何ができるのか?


考えること・考えつづけること・行動することこそ
まさに「ビーアイ」だなあと。

このあとぞうかばが4時起きで作ってくれた
おむすび、だし巻き卵、菜花のおひたしを食べながら
来た人どうしの話はえんえんと・・・。

子ども達が1ヶ月かけて描いた油絵、
そして掛け軸にしたてたお米や田んぼのすてきな絵も
この土日の二日間でようやく見ていただくことができました。
お忙しい中、みなさんありがとうございました。

byちーず
PR
  • ABOUT
仙台市青葉区立町でワークショップを行っている、『ハート&アート空間”ビーアイ”』の 活動をご紹介していくブログです。
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • プロフィール
HN:
ハート&アート空間“ビーアイ ”
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • アクセス解析
Copyright © どこでもビーアイ・だれでもビーアイ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]