忍者ブログ
Admin*Write*Comment
どこでもビーアイ・だれでもビーアイ
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30


去る4月29日、
「ケヤキの木下で~本と音楽とコーヒーと」という催しが
定禅寺通りで行なわれました。

その中でぞうかばとちーずは
「はい、どれでも一冊10円から10万円までお好きな値段でどうぞ~!」
と絵本や児童書を配りました。


これらの本は私たちも呼びかけ人になっている
「こどもとあゆむネットワーク」
http://www.ayumunet.jp/
に全国から寄せられたもの。
避難所や被災地の保育園、幼稚園等にも届けているのですが、
仙台に避難してきている人や受け入れしている人も多いため、
急遽、この催しに参加して配ることにしたのでした。
多くの子ども達が足を止めてくれ、たいへん喜ばれました。
集まったお金はもちろん、義援金に。

その後、4月終わりから5月初めにかけてのビーアイは先客万来、
奈良・京都・会津・東京、遠くは愛媛からも
訪ねてくださる方があり、
みなさん震災後、自分に出来る事はないだろうか、と
あれこれ考え、行動しておられる方々でした。
お土産、企画、情報・・・ありがとうございました。

 

そして、こちらの写真は
5月5日にぞうかばが気仙沼で撮影してきたもの。

3.4.5日とぞうかばの古くからの友人である
「凧の会」の加藤斉克さんが
「大空にひびけ」というイベントを行なうのに合わせ、
くつした型の紙をいっぱい持っていって
「一歩一歩大地をふみしめて」
というワークをしたのでした。

会場の気仙沼小学校はまだ避難所として使われており、
ひとり10枚までという衣類の配布にも長蛇の列だったとのこと。
まだまだ物資の支援も人の支援も必要な状況です。


これはビーアイの小さいクラスMくんのゲイジュツ?作品



去年、教材で使った後、植えたみやこわすれが かわいく咲きました。
定禅寺通りは いつのまにか若草色のケヤキのトンネルになっていましたね。4日に鷲田先生、6日はタノタイガ君と加藤種男さんの話をSMTで
聴いて 人は整理されるには もむ時間が必要だな~と 改めて思ったり・・・彼らの話については 又、別の機会にね。すんごくいい話!!だし、いい企画だったのでね。少し疲れ気味のぞうかばでした。     


PR
  • ABOUT
仙台市青葉区立町でワークショップを行っている、『ハート&アート空間”ビーアイ”』の 活動をご紹介していくブログです。
  • カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • プロフィール
HN:
ハート&アート空間“ビーアイ ”
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • アクセス解析
Copyright © どこでもビーアイ・だれでもビーアイ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]