忍者ブログ
Admin*Write*Comment
どこでもビーアイ・だれでもビーアイ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

月に1度のお楽しみ「料理のいろは」。

カツオが立派なので、タタキにして、味噌だれ仕立てに
残ったときは塩をたっぷりめにして、冷蔵庫に入れておくと、
焼くだけでさっぱりしてご飯がスッキリうまいらしい。
 

お刺身の切り方、包丁のいれ方が初めてわかったわ~と
感激の参加者が何人も。


ほら、味噌だれソースの上のカツオがうまそー!!!


そうめんは涼しげに梅だしの冷たいお吸い物に。


新ジャガは、はちみつマスタード和え。これ、里芋でつくってもGOO!
 

とうもろこしと枝豆ご飯。これまた美味♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
とおうもろこしは、茹でてこそげとって芯を入れて炊くと、甘みが増すんだって!


8月はお休みで、次回「料理のいろは」は 9/16
初めての方、お久しぶりの方、歓迎です!
どうぞお問い合わせくださいね。

PR
夏休み・恒例の特別企画
【ビーアイ三昧(ざんまい)

歩いて・つくって・食べて・遊んで・泊まって・・・
仙台のまちとビーアイを思い切り楽しんじゃおう!

海や山も楽しいけれど、
ここでしかできない・味わえないアレやコレがあります!

夕飯は何食べる??
みんなで相談して買い物に行って、みんなで作るよ。
銭湯にも入ろうね☆
うふふでワハハな二日間!

ただいま参加者募集中~!
年長さん以上なら子どものみの参加OKです。
(大人の方もぜひどうぞ!)

と き:7月29・30日の二日間
ところ:ビーアイと仙台のまち
問合せ:ビーアイまで

”小さな恋人” ”赤い宝石”と称されるさくらんぼ。

鈴なりの果実はピカピカでツヤツヤで、ほんとに美しい!!

 
  
そんなさくらんぼをお腹いっぱい食べ放題のぜいたく企画

「さくらんぼ狩りin村山さんち」6/28(日)

まずは博士から、どんなふうに大切に育てているか?
いわゆる観光農園のさくらんぼと何が違うのか?お話してもらいます。

今年は春先にヒョウが降ったりして、さくらんぼの花が全滅!?
という危機を乗り越えて迎えた収穫なのだそう。

ミツバチさんの力を借りて受粉すること、
花を摘んで数を減らし、
ひとつひとつの実を大きく美味しくなるよう育てていること、
いろんな種類があること・・・

そして摘み取り方を教えてもらうだんになると 
みんなの目は真剣そのもの。
   

「あまーい」「おいしーい」「こっちの木がもっと甘いよー」
 
 
     

比べっこしながらあっちの枝、こっちの枝、
あっちの木、こっちの木・・と食べ歩き。

    
村山さんが摘んでくれたのは、コンテナいっぱいの大粒な「山形美人」。

 あっという間にコップの中は種がいっぱい!
     

 「今年は何個食べたかなあ~?」
一生懸命、種を数えます。・・なんと153個だって! 
「種飛ばし」は大人の部616cm、子どもの部213cmが最高でした。 
 
  
 博士は「お風呂上がり用」とお土産もたくさん下さって
帰りのバスでまたパクパク。

いちばん小さいTくんも、トータル70個は食べたね!?


時間があいたり、木から木へ・・と摘みながら食べるから
いくらでも入っちゃうさくらんぼ。
自分で摘んですぐ食べるのが、やっぱり最高!!

来年はあなたもぜひ!
例年6月3週目か4週目の日曜です。予定していてくださいね!

さくらんぼ博士・村山さんの愛情がいっぱいつまったさくらんぼ。
でもね、他にもいろんな果物を作っていらっしゃる村山さん、
本当は「もも博士」って呼ばれたいらしい。

自慢の桃はもちろん、絶品の美味しさなのです。
夏になったら注文しましょうね~。
6月の【料理のいろは】はみなさんからのリクエストで
鯛とソラマメを使ったメニューに!

・鯛ごはん
・鯛のフライパングリル ソラマメそうす添え
・ソラマメのかき揚げ
・ソラマメのすり流し(和風ポタージュ)
・ごぼうと豆のサラダ

これを眺めただけでもよだれがでそうでしょ!?

孫とばあばは、茹でたソラマメを一生懸命うちわであおいで
冷ましています。これがかき揚げやすり流しになる予定。



そしてご飯は大胆にも焼いた鯛とこぶを入れて、
このまま炊き上げます。

炊けたら、身はほぐしてご飯と混ぜ、骨とアラで潮汁に。

そして、コチラ。
フォークを刺して真っ黒焦げに焼いているのはパプリカ。
こうして冷水にとると、つるりと皮がむけるのだそう。


出来上がったお食事はこんなふう。
ソラマメのすり流しには真ん中に島のように卵豆腐が。
先ほどのパプリカは鮮やかな付け合わせに。
 

お味はもちろん、みなさん大満足の初夏の味。
卵豆腐を固める前に裏ごし器を通すこと、
すり流しにちょっと葛をひくと沈殿せず均一になることなどなど
今回も、そばで見ていて教わらなければわからない
「一手間の知恵」がつまったスペシャルな時間でした。

親方に感謝!!そして次回にまた期待しちゃいます!!
表装と聞いて、あなたはどんなイメージをお持ちでしょう?

やっぱり掛け軸
 
表装・表具を調べてみると
「紙・布・糊を使用して、作り上げてゆく張りの作業の行為」
とあります。

子どもの書き初め
こんなふうに和紙の色を重ねて、より素敵に見せたり・・
 
  
お次はなんと!絵が描いてあったダンボールを表面だけ剥がして、
裏打ち(裏側から糊でうすい和紙を張る)。
 
こうすることで掛け軸にもパネルにも額装にも
仕立てられるようになるんです。

まわりにどんな色の布や紙をあしらおうか・・と探すのも
表装の楽しみの一つ。
   
 
和歌などの短冊色紙をかけるおしゃれな掛け軸は洋間にも合いそう。
     
 
ビーアイで描いたお子さんの絵もパネル仕立てにしたら、こんなに素敵!
周りのピンクはラメ入りのリボンなんかも使っています。
 

こちらは はがき掛け。
タテにもヨコにもかけられる様にしてあるので、
季節ごとに違う絵を入れ替えて楽しめます。


掛け軸はもちろん!
一味も二味も違う表装が楽しめるビーアイの
表装ことはじめは、毎月第2月曜開催です。

作業スペースには限りがあるので
大人数の受け入れは出来ませんが、
やってみたーい!と思った方、どうぞお問合せくださいね。

着物や浴衣の端切れや古布も活かせますよ。

あ、こちらは大人向けの講座になりますので、
おまちがいなく・・・。
  • ABOUT
仙台市青葉区立町でワークショップを行っている、『ハート&アート空間”ビーアイ”』の 活動をご紹介していくブログです。
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • プロフィール
HN:
ハート&アート空間“ビーアイ ”
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • アクセス解析
Copyright © どこでもビーアイ・だれでもビーアイ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]